M子は相変わらず会えばいつものように振る舞ってました。

私はM子の顔を見るたびに怒りと悲しみで心の中がごちゃごちゃになって崩れそうだったけど、絶対に悟られないようにがんばって何も知らないままの態度を貫き通しました。

旦那も相変わらずいつも通りで・・・

 

ある日、また3家族集まって飲む日があったんですね。

それもだいぶ前から決まってた予定だったので子供たちも楽しみにしてるし、とてもM子と旦那が一緒にいる場所にいる気にはなれなかったけど、二人の様子を観察できるチャンスでもあるし、気合いを入れてみんなをうちに呼んだんです。

 

ちなみに、もうひとりの仲良しのE美さん。
彼女に相談することも考えたんですが、E美さんは明るくて強そうに見えて実はとても繊細で心が弱い人なので、彼女にもかなりのショックを与えてしまうことを思うととても話せませんでした。

私も、正直言って、自分の旦那を他人に(しかもM子に)取られたなんてカッコ悪い話をする気にもなれなかったのもあるし。

 

3家族で集まって、それはいつもどおり和気あいあいとみんな楽しんでましたね。

M子のご主人はそのときは別居中だったので来なかったです。

他の子どもたちは不思議がってたし、M子の息子たちも寂しそうだったから、ご主人も呼んであげればいいのにと思いました。

まぁうちの旦那とデキてる状態で、ご主人と一緒に過ごすなんてできなかったんでしょうけどね。

 

みんなでテーブルを取り囲んでいつものように他愛ない会話。

旦那とM子はテーブルをはさんで対角線上に座りました。

ときどき目を合わせてるようだったけど、ほんとに二人ともとぼけるのがうまい。

全然意識してないかのようにM子も普通に話を旦那に振ったり、旦那の話に普通に笑ったり。

LINEを盗み見してなかったら私も絶対気づかないと思うくらいの見事な他人っぷりでした。

 

女ってほんと怖い。

まぁ私も知らないフリを見事に演じてますけどね(苦笑)

 

みんなで楽しく飲んで騒いで、夜の10時くらいにM子と息子たちは帰っていきました。

うちの旦那も相当楽しかったのか、酔ったままソファに寝転がって寝てしまってました。

 

そのときにもまた旦那のスマホを盗み見しました。

見ても決して気分のいいものではないことはわかってたし、余計にしんどい思いをするのはわかってたんだけど、やっぱり見ずにはいられないんですよね。

相変わらずその日のLINEも

「今日はみんなで飲む日やね。私は知らん顔してるから、Kさんも気をつけてよ(笑)ハート」

「みんなが酔っ払ってる間にこっそり手をつなごうか」

・・・はぁ~・・・ほんとにバカな二人です。

絶対バチが当たるからね。

私ははらわたが煮えくり返りそうでした。

でも自分の旦那と自分のママ友のことなのに、なんか妙に覚めててすごく遠くから見てるような不思議な気持ちにもなりましたね。

 

その飲み会の後日、またスマホを盗み見すると、

旦那「あの日はM子帰っちゃってめっちゃ寂しかったわ~。あれからすぐ寝た?」

M子「すぐに寝たよ~。洋美は全然気づいてない感じやったね。ちょっと安心したわ」

旦那「あいつは頭良さそうに見えて結構天然やから大丈夫や。絶対気づいとれへんから」

M子「そやね(笑)そこがかわいいとこやねんけどね~。ああ、やっぱり罪悪感やわ」

 

罪悪感あるならやめとけば??何言ってんのこの女。

 

もう私も性格悪い女になってそうと自己嫌悪に陥りながらも、自分の感情を押し殺すのに必死でした。

 

でもさすがに、夜旦那がまだ帰ってない時間、子供たちが寝たあとでひとりで泣いてしまったり、ご飯の用意をしながらも胸がつぶれそうで苦しくなって涙がぽろぽろこぼれてきたりと、

毎日の時間を過ごすのがとてもつらくなってきたんですね。

 

もうやばいかもしれない。

旦那にこの怒りをぶつけたい。なんで私ひとりがこんな目に合わないといけないの?

誰にも相談できないし、一人で耐えるのはもう限界。。。

 

そんなとき、ネットで「占いで私は救われた」っていう他人のブログを読んで、私も占いでみてもらおう!って思ったんです。

 

まだ下の子が小さいし幼稚園から帰ってくるのも早かったのであまりゆっくり家を空けられないのと、占いに行ってるところを人に見られたくなかったのもあって、電話占いできるところを探してみました。

この電話占いで、結果的に私はものすごく救われたんです。

 

その悩み有名占い師が解決します《電話占いヴェルニ》